トップ / 保育士求人面接で注意すべきこと

保育士になるための面接対策

保育士求人面接で注意すべきこと

保育士求人面接での注意点

服装対策や志望動機の対策などをしっかり行って面接に臨んでも、細かい部分で手落ちがあっては最終合格をつかむことは難しくなります。保育士の面接において、気をつけなければいけない部分としてはいったいどんなことが挙げられるのでしょうか。保育士の面接の際に注意すべきこととしては、「社会人としての基本マナー」「明るい印象」「自分の言葉」という3点について、特に気をつけておく必要があります。

保育士は専門職である以前に、しっかりとした社会人であることを求められる仕事です。子供たちとの触れ合いだけでなく、子供たちの親と関わっていくことも保育士の重要な仕事のひとつとなっています。親たちと信頼関係を築き、親の側が「しっかりと子供を任せることができる」と思わせることのできる保育士であることも、保育士として働くうえでは重要なこととなります。

そのような保育士であるか否かを面接で見極めるポイントは、基本的な社会人としてのマナーが備わっているか否かという点になります。新卒の方であれば学生気分が抜けなかったり、転職者であれば随所に非常識なふるまいを見せてしまったりすると、採用する側としては不安を覚えてしまうことでしょう。

明るい印象ではきはきと元気よく話すことも、面接においては重要なポイントです。話し方を工夫することで、相手により好印象を与えることは可能となります。面接を行う側が「一緒に働いてみたい」と思えるような話し方ができれば最高だと言えるでしょう。 そしてやはり、どこかから借りてきたような言葉ではなく自分の言葉で自分の思いを伝えることは何よりも大切になります。自分の人材としての価値や資質を面接する側に伝えるためにも、自分の言葉でしっかりと伝えるということが重要なのです。