トップ / 保育士求人面接の志望動機

保育士になるための面接対策

保育士求人面接の志望動機

保育士求人の面接時の志望動機は

保育士の面接対策において、最も重要なポイントのひとつが面接の際に相手に伝えることとなる志望動機の部分です。志望動機は面接をするうえで自分がどうしてその保育所や施設で働きたくなったのかということをしっかりと伝える部分になりますから、相手を納得させたうえで、自分の熱意を伝えることが大切です。

志望動機を考えるうえで、押さえておきたい重要なポイントがいくつか存在します。志望動機は「ビジョンがあるか」「前向きか」「自分の言葉で伝えられるか」という4点を、必ず押さえておくようにしましょう。

施設側は保育士として働いてもらううえで、入ってもらった人材にはできるだけ長く勤めてもらいたいと思っています。長く勤めていくうえで、自分がどのような保育士になりたいか、どのような職員として働いていきたいかということを明確に伝えておくと、長く勤めていく意思があると面接する側にもみなされますから、好印象を持ってもらうことができるでしょう。

面接において面接する側が見る点として、やる気や意欲があるかという部分も大きなものとなっています。志望動機で前向きなことを語ることで、施設側にもやる気や意欲がしっかりとあるということが伝わりやすくなり、良い印象を与えることが可能となります。

そして、志望動機は必ず自分の言葉で語るようにするという点も重要になります。自分の言葉でしっかりと自分の思いを伝えることによって、小手先の面接テクニックに頼らない志望動機を作り上げることができます。飾らずに、多少たどたどしい部分があったとしても、自分の保育士として働いていきたいという思いを素直に伝えることは、面接においては重要な点となってくるでしょう。